どうも、ふっさんです。

 

 

これまでは収益報告をしていましたが、

今年からやらないことにします。

 

 

稼いでいる額を言うことで

危険な目に遭うことがわかりましたからね。

 

 

 

ただ、まったく公開しないってのもあれなので、

公開できる部分はしていきたいと思います。

 

 

収入も、アフィリエイトセンターや

独自振り込みなど、複雑になってきたので

一部ずつの紹介などはしていきます。

 

 

あと、データとか公開していくので

LTVなどを考えてみたら、

ある程度の収益はわかると思います。

 

 

例えば、LTV2000円になりましたー

と言っている人が

「今月は150リスト入りました」

って言ってたら収入は

大体30万くらいですよね。

 

 

フロントエンド商品や

バックエンド商品の成約率なんかも

どこかのタイミングでお話しするので、

なんとなーくで収益を計算してみてください。

 

 

やってみると結構面白いですよ。

 

 

僕もお金のことが好きなので、

有名人の収入など計算したりします。

 

 

手元に入ってくるお金はこれくらいで、

自由に使えるのはこれくらいで、

結局残るのは○○万円くらいか・・・

 

 

そうすると、稼げてそうに見える人が

ほとんど稼げていなかったり、

 

地味に見える人が

めっちゃ稼げていたりして面白いですよ。

 

 

もっと踏み込むなら、

時給に換算してみるとかですね。

 

 

この人は○時間毎日働いているから、

実際の時給は○○○○円くらいかな

 

とか。

 

 

こういうのを日常的にやっていると、

割の良いビジネスってのが見えてきます。

 

 

まあ、色々考えた結果

この情報ビジネスが相変わらず

最高のビジネスなんですけどね。笑

 

 

 

 

あと、一応指摘しておきますが

この話を踏まえた上でナンセンスなのは

「収入いくらですか!?」

って相手に聞いてしまうことです。

 

 

初対面の人に収入聞くって

冷静に考えたら非常識だし、

相手にとっては教えるメリットもないので

この手の質問は本当に嫌がります。

 

 

僕ももらうことがあって、

一応証拠とか見せたりするんですけど

 

そういう人に限って

そのあとなんも行動しなかったりますね。

 

 

 

優秀な人は収入を聞くまでに

自分である程度調べて予測を立てるし、

 

実際に収入を聞くとしても

懇切丁寧に何かしらの対価を

用意した上で聞いてくれます。

 

 

間違っても

 

「稼いでる証拠見せろ」

 

とか言うのはやめたほうがいいです。

 

 

嘘をつく怖い人がたくさんいる情報業界だから、

疑ってしまうのもわかりますけどね。

 

情報弱者として刈られないために

視点とマインドを鍛えていくほうが早いと思います。

 

 

あ、一応昨日の段階で

インフォトップの総報酬が200万を突破しました。

 

⇒http://fussan01.com/wp-content/uploads/rukeiuriage.png

 

 

もうちょっと伸ばしていきたいですね。

 

本腰入れてがんばっていきます。

それでは!

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。