どうも、ふっさんです。

 

 

裏で募集している企画は締め切りました。

ハードセールスに付き合っていただきありがとうございます。

 

 

ブログについては募集した

企画のほうで話していきます。

 

どんどん専門的な内容を

発信できる場が増えたなーと嬉しく思ってます。

 

 

で、今回は「ダブルオプト戦略」についてお話しします。

 

 

ダブルオプトっていうのは、

すでにメールアドレスを取得してる状態で

さらに別のメルマガに登録してもらうことを言います。

 

今回の「プロブログ構築講座」はダブルオプトです。

 

 

これはちゃんと狙いがあってやってます。

 

 

ひとつ目の狙いとしては、

日刊メルマガの体裁を崩さないため。

 

 

たまに配信時間は崩れますが、

基本的に1日で何度も

メールを送ることはありません。

 

セールスではなくノウハウだけ読むのが

目的の人もいるので、解除されないためにやってます。

 

そうすることで別の講座に移動することで、

1日で何通もメールを送れるし、

遠慮なくセールスができます。

 

 

 

次に、成約率が上がるということ。

 

ライブ感を演出できるので、

成約率が上がります。

 

登録してくれた人は行動意欲が高いので、

優秀な人が多く、教材に価値を

見出してくれる可能性が高いからです。

 

業界を見渡しても、ダブルオプト後の

成約率は非常に高くなるようです。

 

だからこれからはセールスをするときは

ダブルオプトを取ってから

セールスをするようにします。

 

と言っても、あと2、3回しかやりません^^;

その理由はまた別の日にお話します。

 

 

 

あと、専門的な話をできるということ。

 

 

今回は「ブログ」の話でしたが、

例えば僕が「せどり」の教材を

セールスしようと思ったときは、

 

「せどり興味ある人―

⇒URL」

 

ということで、

せどりに興味のある人だけを集めることができます。

 

 

普段はネットビジネス、

裏ではせどりの情報発信をすることができるんです。

(せどりはやらないですけど)

 

 

専門的な内容を発信するのにも

ダブルオプトは必要ですね。

 

 

と、こんな感じでいくつか狙いはあります。

 

これだけじゃありませんが、

ダブルオプトをしておいて損はないです。

 

 

大きくビジネスを伸ばしていきたい

って人は必要なことなので、

メルマガである程度媒体力が付いてきたら

やってみてください^^。

 

 

ではでは!

 

 

P.S.

 

 

温泉に浸かりながら、隣にいた

ベトナム人と会話したのですが

 

 

「日本人は安定した生活求めてる人多すぎるよ!!それ生きてるって言えるの!?」

 

って言ってました。笑

 

 

その人は親が経営者で、

貿易で事業を起こしながら

政治家になって世の中を

良くするのが夢だそうです。

 

 

同級生だったので話も合い、

風呂からあがって連絡先を交換しました。

 

いつか貿易にも手を出すかもしれません^^;

 

 

高い志に触れて感化されましたね。

もっともっとがんばらないとなって思います。

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。