どうも、ふっさんです。

 

 

最近、コンテンツをもりもり

制作しているのですが

 

文字数で19000ほど、

ページ数で45枚ほどになりました。

 

 

卒業論文が22000文字程度で、

ページ数44枚とかなので

 

 

卒論を超えるほどの

コンテンツになってしまいました。笑

 

 

で、制作時間が10時間とかその程度なんですけど

やっぱり、自分が理解していることって

かなり書きやすくて、すぐに完成しますね。

 

 

 

僕はブログ記事とか書くときに、

その物事についてあまり理解していなくても

調べながらコツコツ書いたりするんですけど

 

今後は、ほぼ100%理解した状態で

書いていくのもありだと思っています。

 

 

自分の中に落とし込んでいれば、

あとはそれを出すだけなので

ガンガン書いていけますしね。

 

 

 

【お金の正体は信用】

 

 

最近色んな本を読んでいるんですけど

 

みんな、お金の正体のことを

ぼんやりしたもので表そうとするんですね。

 

 

ある人は「価値」と表したり

ある人は「力」と表したり

ある人は「お金はお金」と言ったり

 

 

まあ、どれも間違いではないし

多分本質に近いものなのでしょうが

 

僕がこれまで納得できないものに、

 

「お金は信用である」

 

というものがありました。

 

 

これはかの有名な堀江貴文が

言ったセリフなのですが、

僕にはその意味がよくわかっていませんでした。

 

 

 

しかし、最近になってその意味が

十分わかるほどの経験をしてしまし、

ようやくその意味がピンと来るようになりました。

 

 

 

お金はどのようなところに集まるかっていうと、

「信頼できるもの」に集まるようにできています。

 

 

一番わかりやすい例を言うと

「募金」です。

 

 

この人なら大切に使ってくれる!

と信用できる人のもとにお金は集まるし、

多くの人が共感してがんばってくれるから

お金がドンドン集まってくるのです。

 

 

情報発信ビジネスだって、

中身が見えないモノを買うわけだから、

販売者との信頼関係が大事だし

 

 

銀行から融資を引っ張るのだって、

その人の社会的信用をこれでもかというくらい見られます。

 

 

 

つまり、お金の正体は「信用」だというのです。

 

 

最近、「お金を貸して」

と友人に言われたのですが

 

僕はその友人のことを見込んでいて、

絶対にお金を返してくれると

信用できたから貸すことにしました。

 

 

しかし、もしその友人が

一度でも僕を裏切っていたり、

将来有望でなかったり

信頼に足る人物じゃなかったら

 

1円だってお金を貸すことはしなかったと思います。

 

 

 

で、その経験を踏まえて

周りの友人や人間関係を

「お金を貸せる・貸せない」

にかるーくセグメントしてみたのですが

 

 

まあ、やっぱり信用を得る人間というのは

魅力的な人が多かったです・・・。

 

ここでも収入=魅力 の法則は

成り立つとは思うのですが、

まあその話は置いておきます。

 

 

 

 

僕らに関係する話というのは、

「ネットビジネス」の社会的信用という面です。

 

 

客観的に見ると

「ネットビジネス」というのは社会的信用は皆無です。

 

これは隠さずに言いますが、

もうほとんど社会的信用は

底辺と言っていいてでしょう。

 

 

僕は4月から東京に引っ越すのですが、

そのときの入居審査に落ちました。

 

 

「内容不透明のビジネス」というものです。

 

 

まあ確かに、やっている内容を

大きな声で言えるかっていうと、

一般常識から見たら

怪しいビジネスに見えるから言えないし

 

個人でやっている以上、

真っ当に働いているサラリーマンから見たら、

社会的信用はかなり低いのも確かです。

 

 

 

で、先ほど「お金の正体は信用」

という話をしましたが

 

お金の貸し借りにしろ、

社会的信用の審査にしろ

 

信用が低いということは、

お金を持っていないということと

ほとんど同じ意味になってしまいます。

 

 

そういう意味で、アフィリエイターや

「情報」を取り扱っているビジネスマン達は

お金持ちからかけ離れた存在なのかもしれませんね。

 

 

 

これはもうどうしようもないので、

それを踏まえた上でやるべき対策はひとつです。

 

 

・ネットビジネス以外の方法で信用を作る。

 

 

これしかないですね。

 

周りの常識を変えることは難しいので、

しっかりと認められる方向を選びます。

 

 

いま、そのための戦略を練っているので、

いつかアウトプットできればなと思います。

 

 

それでは^^。

 

 

 

P.S.

 

 

え、じゃあネットビジネスやらないほうがいいの?

 

 

と思ったかもしれませんが、

まずはネットビジネスで稼がないと本末転倒です^^;

 

 

焦ってリアルビジネスに飛び込んで、

まったく稼げずに数年が徒労に終わったり、

 

借金を背負ったりしてマイナスになったら

余計に信用を失ってしまいますから。

 

 

ネットビジネスは信用のプラスにこそならないが、

マイナスにもならないってところがミソです。

 

 

色々調べてわかりましたが、

お金があれば信用はすぐに作ることができます。

 

 

 

もちろん、人間的魅力や信用を積み重ねる努力は

普段からしておくことをオススメします。

 

 

人間、いつどこでどうなって

お金に困るかわかりませんからね。

 

 

崖っぷちに立ったときに助けてくれるのは、

あなたが積み立ててきた「信用」です。

 

 

それでは!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。