どうも、ふっさんです。

 

 

今日も一日部屋に篭って

Youtube動画を撮影してました。

 

 

「画像+音声」

「マインドマップ+音声」

「パワーポイント+音声」

 

 

こういった形式でやってる人はたくさんいますが、

ハッキリと評価の高い人と高くない人にわかれてるんですよね。

 

 

同じような動画なのに、

「b(高評価)」ばかり貰える人と

「q(低評価)」しかもらえない人ってわかれていて

 

 

その特徴の違いは単純に再生回数に影響されてるので、

高評価の動画の特徴をまとめてみたんですけど

 

 

高評価の動画を作ってる人って、

「フリートーク」が多いんですよね。

 

 

フリートークってのは、

言ってしまえば無駄話のことです。

 

 

この無駄話をたくさん入れてる人は、

それなりに評価が高い印象です。

 

 

・自分の経験則と混ぜてみたり

・ほかの事例を引っ張ってきてみたり

・実際にやってみせたり

 

 

こういうことを

「計算なし」でやれる人は強いですね。

 

 

なんでいいかっていうと、

「対話しているように感じる」からです。

 

 

ほとんどの人はあらかじめ決められた内容を

ロボットみたいに話すだけなんですけど、

 

このフリートークで動画を作ってる人は、

家にいながらコミュニケーションをしているみたいに感じるんですね。

 

 

そして、フリートークの内容が面白ければ

それだけbの数は増えていき、

何度も再生されて再生回数は伸びていきます。

 

 

 

Youtubeやるなら、フリートークは必須です。

 

 

フリートークができればコンテンツを量産できるし、

動画の準備とかしなくても動画を作れます。

 

 

マインドマップ開いて、タイトル付けて、

動画の撮影ボタンをポチっと押して

 

コンテンツの制作スタートです。

 

 

あとは思ったことをガンガン喋っていくだけ。

 

これが本当の「コンテンツ制作力」ですね。

 

 

型にはまって喋るのなら誰にでもできます。

 

芸能界に求められるみたいに、

アドリブで、面白いことを、ペラペラしゃべれる人が

Youtubeで求められているんです。

 

 

というわけでガッツリとやってみたんで

動画を見てみてください。

 

⇒https://www.youtube.com/watch?v=O-FSuGDapBo&list=PLujDjlLZ9p2pcDii-R_DmQNrjgDkhpVPl

 

主にモチベーションに関する動画をまとめました。

再生リストなんで、流しているだけで

モチベーション管理する能力が身に付いていきますよ。

 

 

がんばってフリートーク入れてるんですけど、

やっぱりまだ硬いですね。。

あと、まだ焦ってしまいます。

 

ラジオみたいに安心感のある声にしたいけど、

言いたいこと多すぎて早口になりますね。

 

 

うーん。訓練しないとなぁ。

 

 

まあ、パグリックスピーキングの練習になるので

引き続きモリモリ作っていきたいと思います。

 

 

今日は8動画作ったかなぁ。

ちょっとずつ前進するしかないですね。

 

 

ではでは!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。