どうも、ふっさんです。

 

 

今日はひたすらセールスレターを

書いていました。

 

 

書いていたっていっても、

すでに文章は完成していて、

 

1日中デザインをしていた

だけなんですけどね。

 

 

で、結構セールスレターの

機能って業界全体で進化していて、

それらのレベルに追い付かないといけないです。

 

 

だから

 

・フラットデザインにする

・カウントダウンタイマーを付ける

 

 

などの最新機能を使わないといけないんです。

 

 

これまで何枚もレターを書いてきましたが、

ぶっちゃけ今回書いているレターが

「最新型」だと思います。笑

 

 

これまでのは、一昔前のレターというか

ちょっと古いのかな?

って思ったりもしますし

それで成約率変わっちゃってるよなー

とちょっと残念に思ったりもします。

 

 

まあ、そのうち公開するので、

楽しみにしていてください。

 

 

 

 

ここから本題ですが、

今回のセールスレター、

僕の中ではかなり手を抜いたほうなんですよ。

 

 

正直、「めんどーくせぇなぁー」と思いながら

作った節もありますし、

別に利益重視のものでもないので

文章にも熱が入らなかったと思うんです。

 

 

ただ、ビックリしたのが

客観的に見てみると、

適当に作った今回のセールスレターが

これまでの中で最もクオリティが

高い(と思われる)ということです。

 

 

コンテンツの質はさすがに劣りますが、

デザイン面や読みやすさに関してはピカイチ。

最先端のレターになったと思います。

 

 

 

こういうことって、これまで何回かあって

 

遊びで作ったランディングページだったり、

適当に書いたブログ記事のほうが

 

登録率・売上・クオリティなど、

全力で作ったものより強いってことが

何回かあったんですね。笑

 

 

もちろん、適当に作ったって言っても

めっちゃ手を抜いて作ったわけでもないし、

技術的にも進化しているので

レターが強くなるのは当然のことですが、

 

それにしてもかなり良いものが

できたなぁーと思います。。

 

 

多分、これって

「失敗してもいい」と

考えているからなんですよね。

 

 

空手をやっていたころ、

練習では県1位の人に勝てたのに、

 

本番では弱い人に負ける

ってことが結構あったんです。

 

 

でも、途中から大会を

「イベントのひとつ」と捉えて、

練習するつもりで取り組んでみたんです。

 

 

別に負けても良い勝負できたらいいやー

くらいの気持ちで。

 

 

そしたら、意外とパフォーマンスを発揮できて

好成績を残せるってことがたくさんあります。

 

 

全国大会なんて絶対勝てないんだから、

たくさん技を出して健闘すればいいや

 

って思って挑んだら、

意外と勝ち上がって好成績残せたし

 

 

逆に、引退直前の試合とかでは

あっという間に負けてしまいましたね。

 

 

こういった経験から通ずるように、

時には手を抜くことも重要だと思います。

 

 

 

僕は情報発信でも、できるだけ

適当に書くようにしています。

 

 

これは手を抜いているわけではなく、

最大の効果を発揮するために

リラックスした状態で書いています。

 

別に、考えに考え抜いたところで

大した記事は書けませんからね。

 

それよりも、不完全主義で

ガツガツコンテンツを書いていったほうが

速く成功するんじゃないかなって思います。

 

 

コンテンツの質は高いっていう自負があるので、

読んでくれない人は別にいいやー

って気持ちで書いてます。

 

だから余裕も出てくるし、

メルマガの読者さんから読みやすいって

言われるんじゃないかなと。

 

 

セールスレターを書くのは

僕にとって「外せない勝負」でしたが、

スキルが底上げされているのなら

手を抜いても良いモノができるので

 

これからはちょっとだけ視点を変えて、

手を抜いて書いてみようかなーって思います。

 

 

「一流は手を抜いても稼げる」

 

 

という言葉の意味がなんとなく

わかってきた1日でした。

 

 

それでは!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。