どうも、ふっさんです。

 

 

僕が大学生になってから思っていたこと、

ずっと発信したくてしたくてたまらなかったことを

今回、発信します。

 

 

とは言っても、

そんなに重い話じゃないし、

稼ぐ系ともあまり関係のない話なので

 

 

興味ない人は閉じちゃってください。

 

 

 

【大学のテストがくだらない】

 

 

僕が大学1年の頃の期末テストで

『統計学』

というものがあったのですが

 

 

そのテストが酷くて

 

 

試験が始まった瞬間、

みんなあらかじめ用意した資料を

ひたすら解答用紙にコピーするという

 

 

非常に意味のないテストを受けたことがあります。

 

 

出題されたテストが去年とまったく同じ内容だったので、

先輩から過去問をもらってそのテストの答案を見ながら

書き写すだけの作業でした。

 

 

当時の僕は、

大学生というものは最先端の事柄を勉強している

すごいかっこいいイメージだったのですが

 

 

その異様な光景を見てから、大学生活に

大きなクエスチョンマークが付いたのを覚えています。

 

 

【大学の定期テストは意味がない】

 

 

そして今日、最後のテストを終えてきました。

 

 

テストの数日前から授業で配られたプリントをかき集めて

 

 

足りない分は補足して、

その資料を持って試験に臨みました。

 

 

問題は、資料を見れば本当に簡単でした。

 

 

資料を見れば答えが書いてあるし、

まったく頭を抱えるようなことはないです。

 

 

1年生の頃に受けた「統計学」と同じような感覚を得ました。

 

 

本当に、大学生のテストに意味なんてあるんだろうか?

 

 

↑もし、意味があると思う人がいたら教えてください。

 

 

僕はまじで意味がないと思っています。

 

 

大学のテストって、高校の頃とまったく一緒で

「暗記」だけの試験です。

 

 

しかも、資料持ち込みオッケーというから、

暗記する必要すらありません。

 

 

知識に対する考えとか、考察とか、意味とか、

 

 

そんなものを求められる試験は一切なく

ひたすら用意された答えを埋めていくだけの

くそつまらないテストです。

 

 

くそつまらないテストだから、

能力なんて一切鍛えられません。

 

 

強いて言えば、資料を用意するための

情報収集能力?(笑)くらいです。

 

 

そんなもん、社会に出たら部下中の部下、

アルバイトでもできるような仕事だと思います。

 

 

それさえできてしまえば

単位は取れるし、卒業することもできる。

 

 

そして、そんな大卒のほうが給料が高い

 

 

って、なんか世の中おかしくないですか??

 

 

【大学の役割】

 

 

・・・で、こういう話をしてみたものの

「大学ってもともとそういう役割なのかなー」

なんて思ったりもします。

 

 

最高学府の東京大学でさえも、

優秀な人材を作るためではなく

 

 

「国の役人を作るための機関」

として用意されているし

 

 

そうなると、中堅の国立大学は

企業でもある程度雑務ができるように育てるための機関と言われても納得できます。

 

 

意味のない講義を受けさせて、

意味のないテストを解かせて、

意味のない仕事をやらせる。

 

 

これが大学の役割なのかなとも思ってしまいます。

 

 

社会が決めたことだから仕方ないですね。

 

 

これからも、普通の大学生は

 

 

適当に講義を受けて

適当に遊んで

適当にアルバイトして

 

 

時間を浪費していくんだと思います。

 

 

 

僕はそんな悲しいことにならないように

 

 

少しでも社会のレールから外れて、

正しく人間らしく生きられるように

 

 

ネットビジネスをがんばっていきます。

 

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。