どうも、ふっさんです。

 

 

先日、バイクに乗りたいなー

 

と思ったので、すぐに10万円を握り締めて

中型免許の取得を申し込んできたのですが

 

 

すぐに教習が始まり、

初めて中型バイクに乗ったところ、

最初のカーブでエンストした状態で壁に突撃しました。

 

 

奇跡的に受け身を取れたので怪我はしなかったのですが、

壁に突っ込んだ衝撃でバイクのミラーが破壊されました。

 

 

『これ、弁償ね』

 

と言われたときは流石に落ち込みました・・・。

 

冗談かもしれないけど顔がマジだったので

多分本当に弁償させられます。

 

 

さっそく中型バイクにトラウマを植えつけられたので、

多分実際に乗ったときには事故らないと思います。

 

 

痛すぎる洗礼です。

 

 

 

『最速で取らせてください』

とお願いしたので、

多分6月中旬までには中型免許取れると思います。

 

 

自由だとこういうところ最高ですねー。

 

 

もしバイク持ってる人いたら

ツーリングでもしましょー(^^)/

 

 

基本的に時間あるし

パソコン1台あれば仕事できるので、どこでも行きます。

 

 

 

【外部の刺激を入れないとヤバイ】

 

 

最近、ずっと部屋に篭って作業をしているのですが

(110記事ライティング残り100記事くらいです泣)

 

 

さすがに、外部の刺激を入れないとヤバイなー

と思っています。

 

 

外に出ないとアイデアが湧いてこないし、

皮膚の色も白くなってくるし

 

オシャレのやり方なんて忘れてしまいます。

 

 

昨日、僕に会いにきてくれた人がいて

そのときに結構遠くまで出かけたのですが

 

 

それだけでかなりの疲労が溜まり、

家に帰って寝て起きたら10時間ほど時間が経っていました。

 

 

さすがに、たまには外に出ないとヤバイです。

 

 

【バイクで世界が開けるかも?】

 

 

いま、妄想の中で考えているのですが

もしバイクに乗れるようになったら、

だいぶ世界が開けると思うのです。

 

 

それこそパソコン一台持ってフラリと旅に出て、

適当なカフェに入って作業をするとか

 

 

いわゆるノマド的なことができる可能性がグンと広がる。

 

 

夏休みとか、それで日本中を旅しながら

ネットビジネスするでも良いですよね。

 

 

僕は大学1年生のときに日本一周の旅に行きましたが、

電車で移動したにも関わらず2ヶ月で11万しか使いませんでした。

 

 

多分、バイクだったらもっと安く済むと思うし、

当然、旅の途中にもお金がバンバン入ってくるので、

より面白いことをしながら旅をできると思います。

 

 

その旅の様子をブログに書いて

Twitterなどに載せれば一定数シェアされると思うし、

 

 

それで自分の媒体にも引き込めて

さらに収益が上がると思うんですね。

 

 

遊びながらお金を稼ぐ

 

 

という、僕のビジネスの最終目標ですが

今年の夏休みにプチ実験としてやってみたいと思います。

 

 

それまでに、月30万ほどは自動化完了させておく・・・

そしてできれば50万を突破しておきたいので

 

引き続きがんばっていきましょう。

 

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。