===========================
大学4年にして就職活動を放棄、
起業に挑戦して118万を自動で稼ぎだした、
最先端のマーケティング手法とは・・・
ふっさん公式メルマガを無料で読む
===========================

 

どうも、ふっさんです。

 

 

東日本大震災が起こってから5年経ちました。

 

 

震災のことを考えるとき、

僕はいつもこの記事を読みます。

⇒http://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-10836027490.html

 

 

これまで百回以上は読んだかと思います。

 

 

リンク先を読んでもらえれば僕の言いたいことが

ほとんどそこに凝縮されているのですが、

細かくお話してみると・・・

 

 

 

【無力感】

 

 

僕がネットビジネスを始めようと思ったのは、

この震災が決め手だと思っています。

 

 

と、いうのも、先のプロフィールでも書きましたが

 

 

大学1年生の頃、東北復興支援ボランティアに行って

被災地の色々な現状を学んできました。

 

 

また、命を守るための教訓や津波の恐ろしさ、

人間の浅はかさや命の尊さなど

 

 

若干19歳の自分では受け止めきれないほど

色々なことを学んで帰ってきました。

 

 

東北復興支援のボランティアは、『無料』です。

 

 

企業から1人あたり10万円ほど資金を出してもらって、

僕は一円のお金も出さずに行ってきました。

 

 

その代わり、被災地で学んだことを

周りに広める活動をするという、

そういうプロジェクトでした。

 

 

そして、僕は被災地で学んだことを

できるだけ多くの人に広めようと思ったのです。

 

 

 

・・・しかし、そこに大きな誤算があって

 

 

当時の僕は、Facebookの友達100人ほど、

Twitterのフォロワーが300人ほどしかいませんでした。

 

 

魂を込めて文章を書き、自分が学んできたことを

赤裸々に綴り、勇気を持ってタイムラインに投稿しました。

 

 

結果、30いいね!ほど付いて

一瞬だけタイムラインを賑やかにして終わりました。

 

 

僕の『10万円を貰って被災地の現状を伝える』活動は、

あまりにも意味のない形で終わっていったのです。

 

 

 

【堀江もんのエピソードを読んだ】

 

 

その悔しい経験のあと、

さらに悔しい経験をしました。

 

 

堀江貴文が書いている本の中に、

こんな一文を見つけたのです。

 

 

『僕は震災が起こったとき、1億円ほど被災地に送ったり、

情報発信をしたりして義援金を募るよう活動しました』

 

 

この文を読んだとき、立ちくらみがするような衝撃を受けて

 

 

「僕はなんて無力なんだ」

 

 

という気持ちになりました。

 

 

自分が歯を食いしばってなんとかお金を出してもらい、

被災地の現状を知った上で発信した情報と

 

 

堀江もんが刑務所に収監される前に送った一億円と

パソコンを使って発信した情報・・・

 

 

これは、明らかに後者のほうに価値があります。

 

 

 

【影響力のある人間になる】

 

 

こういう話をすると、

『気持ちが篭っていたんだからいいよ』

と言ってくれる人がいるし、

お金の問題じゃない!という人もいるかもしれませんが

 

 

 

実際問題、気持ちが篭っていようがいまいが、

人を助けることができるのは『力のある人間』です。

 

 

堀江もんが送った一億円と情報発信は何千人もの人を救ってきましたが

影響力のない僕が魂を込めて発信した情報は、一瞬だけタイムラインを賑やかにして終わっただけです。

 

 

このときの無力感と言ったらありません。

 

 

堀江もんの本を読んで立ちくらみをしたときに、

『絶対に影響力のある人間になってやる』

という風に思ったのです。

 

 

僕は別に『人を助けたい』なんて思っていないし、

『被災地の人を救いたい』

なんておこがましいことを考えているわけではありません。

 

 

せいぜい、自分が本当に大切にしている人を守れれば、

誰かが笑顔になってくれれば嬉しいと思う程度です。

 

 

ただ、いつの日か

 

 

本当に自分が助けたいと思った人が現れたとき、

そのときに自分に影響力があるかないかで

 

 

人を助けることができる可能性は

大きく変わってくると思うのです。

 

 

影響力のある人間になれば、

たくさんの人を救えるし

 

 

力を持つことができれば、

それで人を助けることができます。

 

 

 

【2年前、声を大にして言いたかったこと】

 

 

2年前から、僕が言いたいことは変わっていません。

本当は伝えたいこと、発信したいことが山ほどあるのですが、短くまとめます。

 

 

↓↓↓ここから↓↓↓

今日は3.11。東日本大震災から5年が経とうとしています。

 

 

いま、被災地の人達が一番恐れているのは

『風化』です。

 

 

僕は3年目に被災地に行きましたが、

そのとき現地の人が口を揃えて言っていたのが

『もっと遊びにきて欲しい。被災地の現状を知って欲しい』

ということでした。

 

 

震災があったことを忘れてはいけません。

 

 

僕らの最大の敵は『日常』であり、

いつまでも命が続くと思っている慢心です。

 

 

⇒http://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-10836027490.html

 

 

せめて今日一日、たった1分でもいいから

被災地のことを考えて黙祷を捧げましょう。

 

 

↑↑↑ここまで↑↑↑

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

P.S.

 

 

情報発信の最大の魅力は

『自分の言いたいことを言える』

ことです。

 

 

ほとんどの人が言いたくても言えないことを

たくさん抱えていると思いますが

 

 

ブログやメルマガは、『拡声器』のようなもので、

自分の言いたいことを多くの人に届けてくれます。

 

 

『小声なら愚痴。叫べばロック』

 

 

です。

どんなことでも大きな声で叫べば人の心に突き刺さります。

 

 

僕もまだまだ大きな拡声器を作って、

自分の思いを多くの人に伝えられるようにしていきたいです。

 

 

P.P.S.

 

 

反省なんですが、今日のメルマガを書いていて

どことなく

『キレイな文章を書こう』

としている自分に気付き

 

 

そんな自分に腹が立ったので、

途中から気持ちを爆発させて書きました。

読みにくいかもしれませんがご容赦ください。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。