どうも、ふっさんです。

 

 

昨日、メール送ろうと思ったけど

まさかの9時帰宅だったので諦めました。。

 

いやー、モチベーション上げる方法とか

ブログで言ってたのに恥ずかしい。。

 

その代わり今日は

ノウハウバリバリに入れてるんで

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

 

最近、データ分析にはまってまして、

ビジネスモデルの課題点が

バシバシ見つかっています。

 

 

仕組みを作った人は、

定期的にデータを取って

ビジネスの軌道修正をしてくださいね。

 

「データを元に改善する力」

も十分求められるスキルですよ。

 

 

 

で、おととい募集したクリスマスプレゼント、

90人の人がアンケートに回答してくれました。

 

 

色んな意見を言ってくれて

ありがとうございます。

 

全部目を通して参考にさせてもらいます。

 

すごく励みになるメッセージをもらって

やる気が爆発しましたし、

 

アンケートを結果を見たら

意外なものが求められてるなぁ

って思いました。笑

 

 

 

話が逸れないうちに戻しますが、

データを取るときには

 

「定量調査」と「定性調査」

を意識してもらいたいんです。

 

 

この2つは社会学的には

「量的調査」「質的調査」

とも言い換えられます。

 

 

言ってしまえば、

 

定量調査(量的調査)=データを元に分析する方法

定性調査(質的調査)=お客の声を元に分析する方法

 

と言えます。

 

 

で、クリスマスプレゼントのアンケートでは

量的調査と質的調査を同時に行いました。

 

 

ラジオボタンが定量調査で、

自由記述欄が定性調査です。

 

本来なら2つ同時に

やっちゃいけないんですけど、

ことメルマガにおいては

同時にできるので良いです。

 

 

 

で、結果をチラッとお話しすると、

 

 

このメルマガに求められていることで

最も多かったのは、

 

「コンテンツ制作」でした。

 

 

で、次におこなってもらいたい企画で

最も多かったのは、「ブログ集客」でした。

 

 

 

・・・・。

 

 

ブログ集客企画、このまえ募集したじゃん。笑

 

 

みんなの反応が良かったのは

なるほどそういうことですね^^;

 

僕のブログ集客法は企画で

全部お話してますが、

やっぱり大好評いただいてます。

 

 

コンテンツもガチで作ったし、

かなりエッジの効いた内容なので

届いてくれたようでうれしいです。

 

 

 

まあ、選択肢に偏りがあったので

多分それだけみんな集客に興味あるんだと思います。

 

 

 

じゃあ、これらのデータが得られたら、

これからのメルマガの内容や

企画の外枠が見えてきます。

 

 

アンケート結果を

シンプルに受け止めて

 

これからのメルマガでは

「コンテンツ制作法」を発信したり、

 

「ブログ集客の講座」を開くと

反応が良くなるってことです。

 

 

 

ただ、定量調査を行っても、

メルマガの改善点や

要望の度合いまではわかりません。

 

 

だから「定性調査」も

適宜おこなっていく必要があります。

 

 

定性調査ってかっこよく言っていますが、

ようはコンテンツを見せて感想をもらうだけです。

 

 

ブログをパっと見せて、

「見にくいとこあったら教えてー」

と言えば、十分定性調査になります。

 

 

データじゃ取れない部分の改善点が

わかるので、ぜひやってみてください。

 

 

僕はこの定性調査を

やれるときにやっています。

 

常に美味しいお菓子を持ち歩いているので、

協力してくれた人にはお菓子をあげてます。

 

 

ビジネスパートナーや

コンサル生に聞くってのも

十分な定性調査になります。

 

 

他人から見た視点って

かなり重要なので、

定性調査はしっかりと行うようにしましょう。

 

 

 

P.S.

 

 

みんなブログ集客に興味あるみたいなんで、

ちょっとしたノウハウを^^。

 

 

今日、「定量調査」「定性調査」

という話をしましたが、

たぶんほとんどの人が

言葉の意味を知らないと思います。

 

 

だから、多分

「定量調査とは」

「定性調査とは」

「定量調査 定性調査 違い」

 

とかで検索したと思うんですよ。

 

 

いや、あなたがしなくても、

ほかの人がしたはずです。

 

 

じゃあ、それを少し先回りして

ブログ記事を書いておくとアクセス集まります。

 

 

「現役国立大学理系学生が定量調査と定性調査の違いをわかりやすくまとめてみた」

 

 

とか書いてしっかりとまとめれば、

アクセスは集まると思います。

 

 

 

・・・実際に調べてみたら、

2000文字程度で上位表示されてる

ブログがチラホラありましたね。

 

 

あとは、上位表示されてるコンテンツを

ちょっと上回ればいいだけです。笑

 

 

ちょっとだけわかりやすく、

ちょっとだけボリューム増しで書いたら

簡単にシェア奪えるんで。

(もちろん、ある程度のサイトパワーは必要ですが)

 

 

もし奪うのが難しいと感じたら、

専門的な本を買ってきて情報を足すだけで

バッチリ上位表示されます。

(シェア1位取れます)

 

 

しかも僕らはSNSの力も使えるんだから、

記事を書いたらTwitterに投稿したりして

少しだけ加速させてあげればいいですよね。

 

 

それで十分アクセスは集まります。

あとはコンテンツの中にフックを入れて、

メルマガに登録してもらうと

 

無事、リストが取れます。

 

 

 

これでピンときた人は、

「量的調査」「質的調査」

で記事を書くはずです。

 

 

多分それでもアクセス取れると思います。

 

 

あとは、実行に移すかどうかですね。

 

 

 

P.P.S.

 

 

ちなみに、アンケート結果ごとに

送るメルマガを分岐させたら

「属性別マーケティング」

になります。

 

 

ブログ集客欲しい!

って答えた人にはブログ集客の企画を見せて

 

Youtube集客欲しい!

って答えた人にはYoutubeの集客です。

 

 

ある程度力が付いてきたら

かなり高い威力出せるので、

できる人はやってみてください。

 

 

というか、ここまでやって

初めてDRMです。

 

 

がんばっていきましょう!

 

 

=================

【おすすめ企画】

⇒http://fussan01.com/recommend/

ふっさんのサポートが入っていて、

多くの実績者を輩出している

おすすめ企画をまとめました。

 

一気に成功したい人は

ぜひ投資してみてください。

=================

=================

【発行者情報】

発信者:ふっさん

公式サイト:http://fussan01.com

購読解除⇒%cancelurl2%

=================

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。