どうも、ふっさんです。

 

 

最近、集客が安定してきたので

仕組みを強化していました。

 

 

これまでペラペラなものでしたが、

立体的なしかけを構築していき

より成約率が上がる仕組みに完成しました。

 

 

集客→教育→販売

 

 

という流れが一般的ですが、

これを立体的にすると

 

 

→→→→→→→→→→→→→→

↑             ↓

教育            ↓

集客→教育(ステップメール)→販売

教育   ↓

↑←←←←

 

 

こういう形になります。

 

本当はこれよりもっと複雑になりますが、

集客コンテンツの中に教育コンテンツをいれ

 

 

ステップメールを流さなくても

商品が売れる仕組みを構築しました。

 

 

たとえ商品売れなくても、その教育された

読者さんにステップメールを流せば

より高い成約率をマークできます。

 

 

これでようやく大台の成約率10%が見えてきた印象です。

 

 

いま1日5リストほど安定して入ってきているので

LTV2000円を達成したとすると

1日1万円程度稼げる計算になります。

 

 

それができたらあとは集客の窓口を増やしていって

1日10リスト集められるようになると

 

 

月収50万の自動化が見えてきますね。

 

 

広告とか手を出していくと

もっと大きな金額も狙えます。

 

 

 

仕組みを立体的にする方法ですが、

これ結構上級者向けなので、

どこかで動画にまとめられたらと思ってます。

 

 

 

【コピーライティングについて一言】

 

 

人間が物を買いたいと思う理由は、

ずっと昔から変わっていません。

 

 

つまり、『心理学』を学べば

商品を売ることは簡単になります。

 

 

インターネット上のコンテンツはすべて

文章で構成されているので、

この心理学を元に人を行動させる文章術のことを

『コピーライティング』

と言います。

 

 

だからネットビジネスで十分なお金を稼ぐためには、

このコピーライティングを学ぶことが

大きな近道となります。

 

 

売れる文章を書ければ、

お客さんが行動して商品がバンバン売れていくからです。

 

 

ここまでは周知の事実だと思いますが、

 

 

ただ。

 

 

ただです。

 

 

このコピーライティングの意味を

大きく勘違いしている人がいます。

 

 

これ、本当に多くて

呆れることが多いのですが

 

 

どういう勘違いをしているかというと

『コピーライティングさえできれば商品が売れる』

という勘違いです。

 

 

文章を書ければ商品が売れる

 

 

↑これは確かに正しいですが、

それ”だけ”で商品が売れるわけではないです。

 

 

少し考えてみればわかるのですが、

いくら売れる文章を書けても

読んでくれる人がゼロだったら売り上げもゼロです。

 

 

もっと言えば、ただ闇雲に人を集めるだけじゃ

絶対に商品は売れないので

 

 

売りたい商品の属性に合った

お客さんを集めるスキルが必要です。

 

 

つまり、それは『マーケティング』であり、

集客力だったりコンセプトメイキングだったりします。

 

 

このスキルがないのに

 

『コピーライティング』

 

だけを磨いても、望み通りに

商品を売ることは決してできないです。

 

 

まず人が集まらないし、

ましてや自分の読者さんが来ない。

 

 

『どういうお客さんが反応するか?』

 

というのをわかっていないから

文章すら書けない。

 

 

誤解を恐れない言い方をすると、

『マーケティングを理解していない人はコピーライティングをできない』

とすら言えます。

 

 

そもそも

“良い文章を書く”

ということすら難しいんですね。

 

 

マーケティングをしっかり行って、

どういう人が商品を求めているか理解している

 

 

だから良い文章が書けるんです。

 

 

セールスレターを書くときは、

書く前に勝負が9割がた決まっているといいますが

 

 

本当にその通りだと思います。

 

 

お客さんのことを理解するのがマーケティング。

つまりマーケティングをしっかりできる人が

コピーライティングで人を動かすことができる。

 

 

だからコピーライティングを学ぶ前に、

まずはビジネスの原理原則をしっかり学んで

お客さんのことをしっかりと理解するのが重要です。

 

 

最近、僕のパートナーと話しをしているのですが

 

 

『僕はコピーライターです』

 

 

って、言っちゃいけないと思うんです。

 

 

コピーライターは周りの人に認められて初めて

コピーライターって名乗れるし

 

 

商品が売れて、結果が出ていないと

コピーライターって名乗れないんですね。

 

 

 

まあ、最近そういう人を多く見かけるので

書いてみましたが、図星の人は気をつけましょう。

 

 

それでは!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。