どうも、ふっさんです。

 

 

いま、JASRAC問題で揺れていますねー。

(ちょっと遅かったかも)
 

いまはJASRACを叩く人が大半なので、

あえてここで「逆張り」をするとアクセスを集めれます。

 

 

逆張りって何かというと、

みんなと逆のことを言うことです。

 

 

みんなが電通を叩く⇒電通を擁護する(あるいは日本の労働システムを擁護する)

みんながJASRACを叩く⇒JASRACを擁護する

みんながキンコン西野を叩く⇒キンコン西野を擁護する

 

 

などなど、炎上騒動に乗っかる方法はいくらでもあります。

 

 

痛烈な意見を書いたブログ記事を書き、

Twitterなどで拡散してもいいし

 

Twitterで論争が起こっているあいだに入って

自分の意見を言えば炎上して人が集まってきます。

 

 

もちろん、ただアクセスが集まるだけじゃなくて

批判と厳しい意見もたくさん寄せられます。

 

メンタル強い人はやってみると良いです。

一気にブログのアクセス数稼げますよ

(自己責任でお願いします)
 

 

た、だ。

 

 

そういう「逆張り」の発想を持った上で

今回のJASRAC騒動を見ていたのですが

 

やはり、僕と同じことを考えている人がいて

多くの意見の中に明らかに「逆張り炎上狙い」

のツイートや意見があるんですよね。

 

 

で、気付いたんですけど

まあ、得てしてそういう意見は

気持ちが悪いし見ていられないんですよね。

 

計算されているっていうか、

お前それ本心じゃねえだろっていうか

 

だから僕も叩きたくなるんですが、

炎上に乗っかっては思うツボなのでやらないです。

 

 

 

自分でここまでノウハウを言っといてなんですけど、

逆張りでアクセスを集めようって考え方が

そもそも「汚い」と思いました。

 

 

なんというか、議論というのは

自分の思っていることを言って

お互いの価値観をぶつけるのが目的であって

 

計算され尽くした「みんなと逆の意見」

なんてものはそもそも価値を持たないし、

本質からズレた意味のないものなんですね。

 

 

うーん、だから、逆張りするというのは

自然発生的に起こるのが前提であって

狙って起こすものではないんですよね。

 

まあ、ビジネスだと割り切ってやるなら別ですが、

思ってもいないのに炎上の渦中に飛び込んで

ホイホイ立場を変えて薄っぺら意見を並べていると、

自分を信用して着いてきてくれる人はいなくなっちゃうよなー

って思います。

 

 

だから今回のJASRACの件で

キンコン西野のブログを見てて

「こいつ炎上させるためだけに意見言ってるなー」

と、ガッカリにも似たものを感じてしまいました。

(そう感じた人は多いはずです)
(ちなみにこの記事⇒http://lineblog.me/nishino/archives/9259498.html)

 

炎上させることを目的として作ったコンテンツは、

立場が揺らいで結局薄いものになってしまいます。

 

強い信念をぶつけるから炎上が起こるわけで、

そこに計算だったり戦略を取り入れると

陳腐化して冷めたものになってしまうんです。

 

 

これは逆張りに限らず、順張りでも同じです。

 

 

「あ、JASRACが炎上してるからJASRACの記事を書こう」

とかいう発想をしている限りは、

アクセス稼ぎ以上の効果は見込めないと思います。

 

 

そうじゃなくて、本当に音楽に関する

著作権料の行方に強い疑問を持ったりだとか、

JASRAC本気でムカつくって思ったときに

 

JASRACについて詳しく触れてみればいいんです。

 

 

だから、自分が本当に憤りを感じたり、

意見を言いたくなったり、

議論をしていきたいと思ったときだけ

 

逆張りをしてみたらいいんじゃないかなーと思います。

 

 

最近アクセスを集めるのに必死で、

当たり前のことに気付くのに

少し時間がかかってしまいましたね。

 

まだまだ精進していきたいと思います。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。