こんにちは、ふっさんです。

 

僕はこれまで1000通以上のメルマガを書いてきました。
つまり、1000回の「タイトル設定」をしてきたということです。

 

もちろん、データも取得してきたし、
感覚的に「開かれるタイトル」の条件もわかってきました。

 

今回はこれからメルマガマーケティングを始める人向けに
「開封率の高いタイトルの付け方」
を考察していきたいと思います。

 

メルマガの開封率が決定的に低い原因

 

僕はメルマガマーケティングをメインでやっているので、
これまで100人以上の相談に乗ってきました。

 

そのなかでもタイトルに関する質問は多いのですが、
開封率が1%もないんです!
という人のメールを見せてもらったら、
広告だらけで何の面白味もない内容でした。

 

もしタイトルをいくら工夫しても
一切メルマガが開かれない場合は、
「根本的な問題」
と向き合っていないかもしれません。

 

根本的な問題とは、
「メルマガの中身自体がつまらない」
ということです。

 

広告だらけだったり、
煽る内容だらけだったり、
いきなり自分よがりな話をするなど、

 

そもそも読みたいと思われていないんだな、
というパターンがほとんどです。

 

タイトルどうこう以前に、

 

次のメールも楽しみだ、
この人のメールは面白い、

 

と思われることができれば、
タイトルがたとえ適当でもメールは開かれます。

 

逆に、いつもつまらないメールを送って
読者を飽きさせていくメルマガだと、
いくらタイトルを工夫しても開かれません。

 

テクニックというのは、基本の上に成り立つものです。

 

メルマガでいう基本というのは、
いかに役に立つ情報を提供し、
読者に「面白い」と思ってもらえるメールを書けるか?なのです。

 

メルマガの本質については
読まれるメールの書き方にまとめてあるので、
そちらも一度参考にしてみてください。

 

本当に開いてもらいたいときに開封ギミックを使う

 

そして、タイトルは基本的に
メルマガの期待値に応じて開封率が変わります。

 

だから、タイトルを工夫すること以上に
中身を重視する必要があるのですが、
とは言っても「これは絶対に開いてもらいたい!」
というものには開封ギミックが効果的です。

 

開封ギミックとは、
読者さんが「おっ?」と思ってもらえるような
かなり刺激の強い言葉のことを指します。

 

これからいくつか開封ギミックを
紹介していきますので、
ここぞというときに使ってみてくださいね。

 

開かれるメルマガタイトルの付け方

 

基本的に、マーケティングでは
読者に行動を促すときに
興味性・具体性・反社会性・ベネフィット
を使うことで人を動かすことができます。

 

これはタイトルだけではなくて、
文章を書く上でも非常に重要な概念ですので、
それぞれ詳しく触れていきたいと思います。

 

興味性

 

興味性とは、読者にとって「興味ある」
と思わせることを言います。

 

例えば、就活生にとっての興味がある内容は
「大手の採用試験で一次・二次・三次試験を突破して最終面接まで到達した方法」
というのがあるわけですが、
これは中身が気になることから「興味性」を刺激しています。

 

ポイントは、読者にとって興味があることなので、
読者のことをよくリサーチしておく必要があります。

 

思わず開いてしまう、中身を覗いてみたい、
というタイトルを書いてみてください。

 

あまり思いつかないという場合は、
いろんなタイトルをかき集めてみると良いです。

 

世の中のCMやライバルのメルマガを研究して、
ついつい開いてしまったタイトルや
これいいなと思ったコピーがあったら
それを真似して作ってみるといいでしょう。

 

具体性

 

次に、具体性なんですけど、
人間は「具体的な情報を見つけたら確かめたくなる」生き物です。

 

例えば、このタイトルの付け方でいくと
「女性の92.5%が効果アリと言った数学ダイエットとは?」
という感じになります。(タイトルは適当です)

 

この「92.5%」という具体的な数字が、
興味をそそる内容になっています。

 

だから、「9割」というよりは
「92.5%」と言ったように、
少数点以下を書いたりしてみましょう。

 

統計データ、数字、具体的な情報
これらを入れることで開封率はグンと上がります。

 

読者にとって具体的な情報であれば
基本的になんでもいいので、
具体的な情報があればタイトルに盛り込んでみてください。

 

反社会性

 

次に、反社会性のある内容です。

 

これは、読者が考えている常識と
真逆のことを言うタイトルのことです。

 

「タイトルは適当に付けたほうが開封率が高い件について」

 

というタイトルは、
僕らの常識と逆の方向を走っています。
(タイトルは考えて付けましょう)

 

ほかにも、僕は
「地方創生するのに田舎に若者を送っちゃダメ」
とか
「結果はあとから付いてこない」
といったタイトルを付けています。

 

これも、一般的な常識と比べると
真逆の話を展開しています。

 

こういったメルマガのタイトルは
強烈に興味を刺激して開封率をあげることができます。

 

ベネフィット

 

最後に、これはぜひとも使いこなしてもらいたいのですが、
「読者にとってのベネフィット」
を書くというテクニックです。

 

読者にとってのベネフィットとは、
例えば痩せたくて仕方がない女性に対して
「1ヶ月で5kg痩せて年上イケメンの彼氏ができた話」
といったタイトルをぶつけることです。

 

ベネフィットっていうのは、メリットと違って
読者にとっての理想の未来を指します。

 

だから、できる限り
「状態」や「イメージできる情報」
をぶつけていきましょう。

 

自由になる→週7日、朝9時に起きても平気になる
ニキビが治る→マスクをしないで出かけられる
モテる→友達に自慢できる彼女ができる

 

などなど、パッとイメージしやすくて
すぐに手に取りたくなるような
ベネフィットを入れていくと良いです。

 

「釣り」は絶対によくない

 

以上、いくつかテクニックを紹介しましたが、
最初でも話したとおり
「開封ギミックはここぞというときに使う」
ものです。

 

釣りはよくありません。

 

僕の知り合いのコピーライターは
「女子高生の内臓を爆発させた話」
というタイトルを作って劇的に開封率をあげていましたが、
商品の成約率自体はかなり低くなったと言っていました。

 

僕らがメルマガを書く目的は、
メルマガを読んでもらって商品を売ること、です。

 

この目的から逸れて開封ギミックを連発すると
ただただウザいメルマガの連発になってしまうので、
中身をちゃんと充実させることに注意をしましょう。

 

そのほか、気をつければちょっぴり開封率が上がるもの

 

ほかにも、開封率を上げるための
ちょっとしたノウハウを話していきます。

 

結論から言うと、
「読者の暇な時間にメールを送ること」
でメールの開封率は上がります。

 

読者にとって暇な時間は
ターゲットによって変わってしまいます。

 

例えば、女性OLであれば朝9時〜夕方5時までは
おそらく仕事でいっぱいだと思うし、
女子大生がターゲットだと逆に昼間は暇なのです。

 

開封されやすい時間帯

 

だから、開封されやすい「移動中」を狙いましょう。

 

日本人の平均をとってみると、
朝の8時〜9時は出勤、出社の時間です。

 

朝、電車を待つときにスマホを開いたり、
移動中にニュースを読んだりするのを見かけます。

 

だから、「時事的な話」「短いメール」「簡単な案内」のときは
朝の時間にセットしてメールを送ります。

 

また、5時以降は比較的自由な時間が多く、
移動をしているか家にいるかのどっちかです。

 

だから、僕はメインメルマガを送るときは基本的に
「19時10分」
にセットして送っています。

 

なんで19時10分か?っていうと、
17時〜19時のあいだは
みんながメルマガを配信するからです。

 

読者さんのメールボックスを想定してみたとき、
いろんな人のメルマガがごちゃごちゃになって
溜まっていくのではないか?と思ってます。

 

だから、同じ時間に被らないように
10分ほどズラすことで読まれるかもしれない、
という打算でメールを送っています。

 

メールが開かれやすい曜日

 

あと、メールが開かれやすい曜日があります。

 

もちろんライフスタイルによって変わるのですが、
メールが開かれやすいのは「火曜日」です。

 

これは一般的に考えてみて、
月曜日は週の始まりで慌ただしく動き、
火曜日に落ち着いてその週の予定を考えるから、と言われてます。

 

あと、金曜日は土日に入るため
少し全体的に浮かれ気分になることが多いです。

 

また、精神的に余裕もある状態ですので、
金曜日にセールスのメールを送ると
売上が上がるというデータもあります。

 

週末にはみんな買い物に出かけてお金を使ってしまうので、
その前に自分の商品を買ってもらうために
金曜日の夜に送るのがいいかもしれないです。

 

メルマガの開封率を上げる方法まとめ

 

以上、メルマガの開封率を上げる方法でした。

 

興味性、具体性、反社会性、ベネフィット、
そして読者の暇な時間に送る。

 

これらを組み合わせたり、
ひとつを極めて使いこなすだけでも
メールの開封率は劇的に上がっていきます。

 

メルマガの内容の期待値を高めるのが一番ですが、
ここぞというときに開封率を高めるテクニックを駆使して
メルマガマーケティングを加速させてみてくださいね。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。