こんにちは、ふっさんです。

 

僕のメルマガを読んでくれている読者さんから、
「ネットビジネスとネットワークビジネスの違いってなんですか?」
という質問がありました。

 

名前が似ていて紛らわしいから
よく勘違いされるこの2つのビジネスですけど、
今回ハッキリとわかりやすく解説していくので、
しっかりと区別をしていただければと思います。

 

ネットワークビジネスとは?

 

ネットワークビジネスとは、
口コミを使ってポイントを貯めていき、
収入を得る稼ぎ方のことを言います。

 

なんで口コミの仕組みを導入するかというと、
単純に「商品を広めやすくなるから」です。

 

日用品や保険、健康食品などの商品は
口コミで広めてもらいやすくなるので、
単純に集客の手段として
口コミのシステムを導入しているだけなのです。

 

これは、友達を紹介してお金を稼ぐことから
よく批判されがちなビジネスです。

 

実際に僕も勧誘をされたことがあるのでわかりますが、
悪い噂というのは一気に広まっていきます。
(良い噂も同様)

 

友達がネットワークビジネスをやっていたら、
「あいつ、ネットワークやってるらしいよ」
という噂がすぐに広まってしまうので、
友達の信用を失いたくないならやらないことです。

 

よく、友達との絆を維持したまま
ネットワークビジネスで成功したい!
という人がいるのですが、
高確率で友達を失うので犠牲にするものを決めたほうがいいです。

 

世間はどうしても、口コミ型のビジネスには
ひどい印象を持っているからです。

 

それを「理解してもらえない」とか
「あんなやつは友達じゃない!」というのはお門違い。

 

例えはすごく悪いかもしれませんが、
一度泥棒をした人間を信用しないのと同じことです。

 

人のイメージはそう簡単に覆せないので、
もしやるなら相応の覚悟を持ってやると良いです。

 

ネットワークビジネスとねずみ講の違い

 

あと、正しい理解のためにも
「ネットワークビジネス」と「ねずみ講」を
ハッキリと区別しておく必要があります。

この2つをごっちゃにしてしまう人がいますけど、
ねずみ講は中身がないものを連鎖的に販売していくもので、
違法の口コミ型のビジネスをねずみ講と呼びます。

 

ちゃんと中身があって商品を購入でき、
国の許可を得て販売しているものであれば
真っ当なビジネスと言うことができます。

 

実際、ネットワークビジネスを通して成功した人もいるし、
その商品を手にして生活をしている人もいるので、
ネットワークビジネスと聞いて
「ねずみ講だ!」
という人は重大な勘違いをしていると思います。

 

全部そうなんですけど、
物事は頭ごなしに否定していたら
新しい知識は入ってきません。

 

僕の好きな成功者の名言で
「信じるな」「疑うな」「確かめろ」
というものがあるのですが、
言葉の通り確かめることが大切なのです。

 

ただただ否定して新しい世界を覗かないままだと、
せっかくのチャンスも逃してしまう場合があります。

 

そんな人生はつまらないと僕は思うので、
変な話が来たら確かめた上で否定するようにすると良いです。

 

ネットワークビジネスで不労所得を得ることは可能?

 

よく、ネットワークビジネスの勧誘を受けるときに
「権利収入」とか「不労所得」
といった言葉を聞くと思います。

 

これは、何もせずに自動で入ってくる収入のことを言いますが、
ネットワークビジネスでは権利収入を得ることができます。

 

もちろん、めちゃくちゃ怪しい話ではあるのですが、
当然ながらまとまった権利収入を得るためには
それ相応の努力と犠牲が必要です。

 

まず、ネットワークビジネスの仕組みから知る必要があって、
ネットワークビジネスは自分が紹介した人が
さらに次の人を紹介してくれることによって
どんどん自分の収入を拡大していく方法です。

 

AさんがBさんとCさんを紹介して、
BさんとCさんがDさんとEさん、FさんとGさんを集める。

・・・と繰り返すことによって、
自分にポイントがどんどんと集まってくるのです。

 

つまり、何をしないといけないかというと、
自分が紹介した人にさらに人を集めてもらう
という教育をしないといけないのです。

 

これができなければ、基本的にネットワークビジネスは
あまりうまくいかないですし、
自分だけ人を紹介しまくったとしても収入は入ってきません。

 

つまり、権利収入と言っているのは
「自分でそれなりに人を紹介したあとに、
さらに人を紹介するよう教育した状態」
を差します。

 

だから、僕の知り合いで月300万の権利収入を
ネットワークビジネスで構築した人がいますが、
彼は朝起きたら10人くらいから
ビジネスの相談を受けると言っていました。

 

その相談に乗っている時間とか
さらに人を入れるために手伝う時間を充てると
まったく不労所得になっていないと言います。

 

しかも、その領域に到達するまでに
20代の5年間を使ったと言います。

 

さらに、親にも勘当されたと言っていたし、
大学までの友達もすべて失ったらしいので、
犠牲としてもかなり大きいものだと僕は考えます。

 

ネットワークビジネスを通して権利収入を得るためには
それなりの努力と犠牲が必要だということを

 

ネットビジネスとは?

 

次に、ネットビジネスとは
「インターネットを使ったビジネス全般」
のことを差します。

 

インターネットを使ったビジネスは色々とあって

 

・転売
・アフィリエイト
・コンテンツビジネス
・株、FX

 

など、様々あります。

 

ネットビジネスはインターネットを使ったビジネス全般なので、
広い意味だと「パズドラ」や「zozotown」なども
ネットビジネスに含まれます。

 

あと、ブログを使った広告で稼ぐという方法や、
株やFXで儲けるといった方法も
ネットビジネスと言うことができるのです。

 

ネットビジネスの特徴

 

ネットビジネスの特徴は
パソコンとネット環境さえあれば誰でもできるので
ハードルが低いということです。

 

ハードルが低いので誰でもできることから、
初心者をターゲットにした詐欺商材も多いです。

 

騙されて買ってしまうと大きなお金を失うし、
下手したら時間も大量に持っていかれてしまいます。

 

とはいえ、流れの早いネットビジネスの業界は
本よりも情報商材で学んだほうが早いので、
情報商材をしっかりと見定める選球眼が必要です。

 

ネットビジネスで一番失敗するパターンは、
我流で作業に取り組んでしまったり
情報に投資するのをケチって時間を失う人たちです。

 

無料で成功できるほど簡単な世界でもないのですが、
ちゃんと学ぶ姿勢さえあれば誰でも成功できる
非常に平等な世界がネットビジネスです。

 

だから、中途半端にやるくらいなら
手を出さないことをおすすめします。

 

これまで通りに働いて、
普通にお金を稼いだほうが小利口なのかなーと思います。

 

もしやるのであれば、
自分の時間を使って勉強を続けていき、
真剣にビジネスに取り組むことをおすすめします。

 

どっちが不労所得を手に入れやすいのか?

 

じゃあ、結局、ネットビジネスとネットワークビジネスの
どっちが不労所得を手に入れやすいか?といと、
僕はネットビジネスだと考えています。

 

ネットワークビジネスは「勧誘」が必須条件です。

 

最低でも何百人という人たちに会って、
その人たちを勧誘しなければなりません。
(時には嫌われながら)

 

だから、僕は大変だなーと思うのですが、
これは逆に言うと、人と会うのが好きだったり
コミュニケーション能力に自信があるのであれば
ネットワークビジネスでも稼ぐことができます。

 

これまで多くのネットワークビジネス経験者と会ってきましたが、
成功している人は例外なくビジネスのレベルも高いです。

 

どうやって人に会うか?
どうやって効率よく人を集めるか?
どのようにマネジメントをするか?

 

という戦略を組み立てられる人間が
ネットワークビジネスでは勝てるんですね。

 

僕はどちらかというと自分の仲の良い人とだけ
ガッツリと絡んでいきたいと思っているし
お金以外で繋がった友達も大切にしたいと考えているので、
人を勧誘しまくるネットワークビジネスは向いていません。

 

あと、「安定」という意味においても、
ネットワークビジネスは自分が紹介した人がやめた場合
一気にビジネスが崩壊してしまう可能性もあります。

 

僕の知り合いでも、70万の所得があったのに
次の月に30万に減ってしまって
てんやわんやになったと言っていました。

 

権利収入と言っても、一生安定して続くわけじゃない、
ということを理解しておいたほうがいいですね。

 

ネットビジネスを勧める理由

 

で、それに対してネットビジネスは
自分の家でパソコンを叩いているだけで収益が発生します。

 

こう聞くと楽に聞こえるかもしれませんが、
ブログを書いたり戦略を練ったりメルマガを書いたり、
作業することはたくさんあります。

 

だから、パソコンが好きだったりだとか、
あるいは一人で作業をするのに耐えられる、
というのであればネットビジネスが早いと思います。

 

ちなみに、僕はビジネス歴3年ほどで、
いまはコンテンツビジネスというもので
毎月200万ほど安定して稼ぎ続けています。

 

ネットワークビジネスだと3年がんばっても
月10万〜20万いけば良いほうだと言われているので、
それと比べるとはるかに効率の良い稼ぎ方だと思います。

 

 

僕はこれまでいろんなビジネスを見てきましたが、
なかには1ヶ月で50万の不労所得を構築したり、
1年で100万の収入を得たりする人もいますので、
やっぱりネットビジネスが一番コスパが良いと思います。

 

人生の時間は有限なので、
どこに自分の時間を使っていくか、
じっくりと考えて決める必要がありそうですね。

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。