どうも、ふっさんです。

 

 

昨日、1年半前のほとんど同じ時期に

ビジネスをスタートした人と電話をしました。

 

 

その人と僕は同じ時期に

ブログとメルマガを使ったビジネスをスタートし

二人とも大体4ヶ月程度で収益を出しました。

 

 

稼いだ金額は僕のほうが少し多く、

スキル的にも完全に勝っていたと思っています。

 

 

 

しかし、約1年ぶりに電話した彼は、

いまの僕と比べて圧倒的な高みに到達していました。

 

 

具体的に数字を出すと、

月収も50万くらいあるし

なんか数億円規模のビジネス動かしてるし

 

来月から家賃15~16万くらいの家に引っ越すらしいし

 

雇われているけど、

ビジネスマンとしてかなりレベルが高くなっていました。

 

 

対する僕は。。

 

月収30万程度をうろついているだけで

まだ贅沢するには早いくらいだし

 

 

 

くっそー

 

って感じです。

 

心の底から悔しいです。

 

 

完全に、自分が優勢だと思って怠けていた分の

差が出てしまっていましたね。

 

 

ただ、そんな僕にも

『一緒にビジネスしよう!』

と言ってくれたので、

 

大学を卒業したらひとまずその人のビジネスに

乗っかってみようかと思います。

 

 

ほんと、そこまできたら

ネットだけで完結する話じゃなくて

 

リアルビジネスがモロに絡んでくるので

もっと面白くて楽しいことになってくるわけですが

 

 

そこにいくまで、

ある程度のスキルを身に付けておきたいですね。

 

 

それこそ、今年の目標である

月収50万の自動化を達成するのはもちろんのこと

 

長期的なマーケティング戦略、

短期的なマーケティング戦略を立てて実行するスキルなど

 

求められるスキルは多そうです。

 

 

ネットビジネスを極めた先って、

リアルビジネスに飛び出すのが常連です。

 

ネットビジネスの人口ってせいぜい15万人程度しかいないし、

ライバルだらけのところで戦うってのもアホな話なので

 

 

その点、リアルビジネスは日本人口2億人が相手です。

 

 

世界に目を向けたら73億人が相手です。

 

 

革新を起こすとかそういった大儀は無いけれど、

リアルに飛び出すのは十分価値がありそうです。

 

ネットで商品を売るスキルがあれば、

それだけでリアルビジネスで無双できますからね。

 

来年、電話をした彼と仕事をするときは

自信を持ってスキルを提供できるよう

 

より本質的な力を求めて

ビジネスを磨いていきたいと思います。

 

 

 

P.S.

 

 

完全に自分の話になってしまいましたが、

今回伝えたかったのは

 

 

『ネットビジネスの先を見据えておこう』

 

 

ということです。

 

 

ネットビジネスの先には、

広大なリアルビジネスが広がっています。

 

 

小さい世界を見るのではなく、

大きな世界で物事を見ると

 

『こんなところで止まっている場合じゃない』

 

という気分になります。

 

 

突き進んでいきましょう。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。