どうも、ふっさんです。

 

 

昨日は暗雲立ちこめるビジネス界について

お話しましたが

 

 

どうでしたか?

 

 

多分、やる気が失せたと思います。笑

 

 

僕も”稼ぐ系”に関しては

ほとんどオワコンだと思っていて

 

 

僕はそこまで収入に変化はなかったのですが

他の人は甚大な被害を受けていました。

 

 

収入がゼロになった人もいるし、

ましてや媒体が全部吹き飛んで呆然としていた人もいます。

 

 

ネットビジネスをやっていたら、

どうしても何かに頼らないと集客できないんですよね。

 

 

サイトアフィリエイトとかトレンドアフィリエイトをやっている人だって、

Googleっていう人が集まる場所で暴れているに過ぎないし

 

 

Googleの気分次第で簡単に収入は没収されてしまうのです。

 

 

YoutubeもTwitterもアメブロも、

 

 

すべて彼らの気分次第でやられてしまいます。

 

 

まあ、これはいまに始まった話ではなくて

 

 

変な話が、

僕ら生物はみんな何かに頼って生きているのです。

 

 

太陽があって、太陽の周りに星が集まって、

その中で偶然生物が住めるような環境があったから

 

 

僕たちはそこに住んで生きているだけなんです。

 

 

僕らはしょせん、

太陽がちょっとクシャミをすれば吹き飛んでしまう存在です。

 

 

そんなもんです。

 

 

もっと小さい話にしてみると、

僕らは日本に住んでいて

 

 

日本の法律が少し変わってしまっただけで、

生きていけない人が大勢いるわけです。

 

 

タバコで生計を立てていた人が、

タバコ税の導入で路頭に迷ってしまったり

 

 

Youtubeのコピー動画で稼いでいた人が

TPPの親告罪でやられてしまうように

 

 

大きな環境の変化で、

あっという間にやられてしまうのです。

 

 

 

じゃあ、どこでも安心して生きていけないじゃないか!

 

 

と思うかもしれませんが

 

 

だからこそ、大切なのは『本質的な力』なのです。

 

 

本質的なビジネスの力を手に入れて、

どこでもお金を稼ぐ力を身に付ければ

 

 

Youtubeが吹き飛んでも、

Twitterが吹き飛んでも、

ブログが吹き飛んでも

家が吹き飛んでも

 

 

すぐに復活することができます。

 

 

今回の大騒動は、

それを気付かせてくれるいいチャンスだったのではないでしょうか。

 

 

何度もこうやってメルマガで言うのは、

それだけ大切なことだからですよ。

 

 

小手先のテクニックばかり追い求めていた人は、

ちゃんと目を覚ましてくださいね。

 

 

 

【非稼ぐ系で稼ぐ】

 

 

さて、マインド的な話ばかりしてもしょうがないので

非稼ぐ系について少し触れておきたいと思います。

 

 

僕は、こういった時代の変化から

『稼ぐ系』

というジャンルは非常に危ないことがわかりました。

 

 

いや、厳密には危ないわけではなくて、

あまり稼げないという意味です。

 

 

これまでは、新規参入者が一定数いて、

少ないパイを分け合ってお金を稼いでいました。

 

 

初心者でもブログを立ててSNSなどから集客できてしまえば、

ほいほい商品が売れる時代だったんですね。

 

 

ただ、昨日もお話したとおり

 

 

日本人は、馬鹿ではなくなっています。

 

 

最近では、note(ノート)という有料記事の機能も出てきて

多くのブロガーが『無料情報の有料化』に踏み出しました。

 

 

これについては近々触れますが、

 

 

要は、これまで有料級の情報を無料で提供してきた個人が、

無料の情報を有料で提供する時代が来たということです。

 

 

↑この一文はちょっと難しいのでもう一度反芻してみてください。

 

 

これを簡単に言ってしまえば

これから稼ぐ系に入ってくる人は

『目が肥えている』

状態であり、

 

 

例えると男子校で女子に飢えていた男子たちが、

女子高と共学になってしまい、女子を珍しいと感じなくなった状態です。

(ちょっとわかりづらいか。。)

 

 

要するに、情報の価値がどんどん下がっているということです。

 

 

スーパーインフレの状態です。

 

 

あらゆる有料級の良質なコンテンツが、

多くの目に触れる状況になってきました。

 

 

その中で、これまで通り

ありきたりな情報発信をする人は

 

 

自然と淘汰されていくし、

当然お金をもらうような価値を提供することはできなくなるわけです。

 

 

これまで情報商材アフィリエイターが

高額なお金で販売していた商品が

 

 

その商品に関するプロブロガーの本気の記事を

それ以下の金額で買うことができるようになったということです。

 

 

僕たちにほとんど勝ち目はありませんよね。

 

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

 

というと

 

 

『非稼ぐ系』

に目を向けていく必要があります。

 

 

 

今日は長くなりましたのでこの辺で!

 

 

明日また話します。

 

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。