先日、ヨーロッパを旅してきた

早稲田大学の友人と話をしましたが、

 

いま、人工知能(AI)があり得ない速度で成長しているそうです。

 

バルト三国のエストニアでは、

もう政府が必要ないと言われるほどの

人工知能が実装されていて

 

 

既得権益がガンガンに崩れていってます。

 

 

リッチマン、プアウーマンというドラマを見た人は

イメージしやすいと思いますが、

あのドラマに出てくるパーソナルファイルのようなものですね。

 

 

国民のデータをすべて一元管理して、

購買履歴や給与明細なども管理する。

 

 

日本で実装しようとしたら倫理的に問題だー!

ってことで大批判をくらいそうですが。笑

(すべて既得権益者の解釈ですけどね)

 

 

そこから税金の割合を計算したり、

保険や手当て、年金なども管理するので

 

極端な話、財務省や厚労省すら要らなくなってしまうという

夢みたいなシステムです。

 

 

X-roadっていうらしいです。

検索してみてください。

 

 

エストニアでは、このシステムを輸出して

システムのデータを提供したり、

運営のコンサルティングをしたりしてバカ儲けする未来が見えているらしく。

 

これから急成長する国とみて間違いなしですね。

 

 

まあ、日本とかアメリカみたいな超大国には

こういったシステムは入ってこないけど、

 

小さい政府ならこのシステムが導入される

可能性もドンドン増えています。

 

 

 

で、今回、何が言いたいかというと

 

 

もう聞き飽きたかもしれませんが、

こういう傾向が出てきたってことは、

 

仕事はどんどんロボットに奪われるよー

ということです。

 

 

いま、ロボットというのは

人口と同じくらいの数が生産されると予測されていて

 

ロボットが本格的に世の中に出てくれば、

価値のない仕事をしている人は

どんどん職を失っていきます。

 

最近だとスーパーのレジの機械化が典型的な例ですね。

 

 

ああいった仕事に頼っている人は、

次々と淘汰されていきます。

 

 

x-roadのようなシステムが完璧に導入されれば、

極端な話、厚労省とか財務省とか

その他もろもろの役職も消滅するわけで

(まあ、おじいちゃん達が嫌がるので無いとは思いますが)

 

 

自分の力で何かしらできないと、

やっぱり機械に持っていかれてしまいます。

 

 

そう考えると、人の心に密着して

適切な戦略を立てることができる

 

『マーケティング』

 

というスキルは永遠に求められるスキルです。

 

 

人間がどういう商品を欲しがるか?

どんな悩みを持っているのか?

どんな未来を想像するのか?

 

 

これがわかるのは、同じ頭脳と”心”を持っている

人間にしかできないことです。

 

人間の”心”に目を向けた仕事ができる人というのは、

ロボットに仕事を奪われることはありません。

 

 

ロボットには心が無いので、

人間の気持ちがわからないからです。

 

 

芸術の類は、ロボットがどう足掻いても勝てない部分であり、

心をしっかりと見ればロボットに負けることはありません。

 

 

マーケティングは、本質的な力を求めれば

まさに”心”を重視したものであり

 

 

リサーチをして、戦略を立てて、

集客をして、教育をして、販売をする

 

 

これらの一連のマーケティングを、

ロボットができるわけありません。

 

 

もしできるようになったのなら、

それは他の職業がほとんど消滅したあとでしょう。

 

その頃には僕らは豊かになっているので別にいいのです。

 

 

だから、一生食いっぱぐれないために

マーケティングを勉強して、実践していきます。

 

 

仕事を失いたくなければ、

一生豊かにご飯を食べていきたければ

 

時代が変わってもブレない、

より本質的な力を求めるようにしましょう。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。