こんにちは、ふっさんです。

 

僕はYoutube集客に挑戦をして、
約300動画を投稿して
登録者数500人を突破しました。

 

厳密には非公開の動画もあるので
もっと本数は多いのですが、
Youtube動画からちょくちょくリストも取れています。

 

コメントもこんな感じで入り続けています。

今日は、Youtubeを使った集客法を見て行きたいと思います。

 

Youtube集客のメリット

 

Youtubeはかなり成熟をしていて
大物Youtuberも含め参入している人はいっぱいいますが、
たとえ後発組でもYoutube集客を攻略することをおすすめします。

 

集客方法としてのYoutubeはかなり優秀です。

 

なぜかというと、Youtube動画は
資産として徐々に溜まっていくからです。

 

Youtube集客は自動化しやすい

 

実際、いま集客ができている動画コンテンツは
約1年前に投稿した動画ですし、
いまでも再生され続けている動画もあります。

 

集客できる動画をコツコツと投稿していけば、
資産として大きなひとつの集客の柱になります。

 

また、Youtubeの利用者はどんどん増えているし、
いろんな人がぐるぐると動画を見てまわるので、
コンテンツを置いているだけで
自分の存在がどんどん広まっていくのです。

 

最初は威力としてはかなり少ないけど、
動画をコツコツと置いていけば
次第に集客先として機能してくるようになるでしょう。

 

動画コンテンツは作成のハードルが低い

 

また、動画は意外とコンテンツを投稿するハードルが
非常に低いというのもあります。

 

もちろん、投稿する動画の種類にもよるんですけど、
僕はマインドマップ+音声という
すごくシンプルな動画を作成しています。

 

だから、パソコンの前に座ってアドリブで喋るだけで、
あとはアップロードしてしまえばコンテンツになるのです。

 

なかには、編集をしまくってる人もいますけど、
僕はビジネスに関する情報や
自分の価値観を発信する媒体として使っているので、
どちらかというと編集技術よりも
中身が重要になると思うのです。

 

変にキレイな編集をしてみたりとか、
BGMを差し込んで作成するよりも
アドリブで中身を充実させるほうが
実は価値の高いコンテンツになる場合もあります。

 

 

文章でコンテンツを作ろうと思うと
伝えたいことを書くのに1時間もかかりますが、
Youtube動画だと10分程度喋ればコンテンツになるので
ハードルがかなり低い媒体であると僕は思っています。

 

Youtubeの再生回数を増やす集客法の基本

 

じゃあ、メリットを理解した上で
Youtube集客の本質から見ていきましょう。

 

これが、僕のYoutube動画のデータです。

 

 

視聴回数が多いのは

 

外部>関連動画>チャンネルページ>再生リスト>ブラウジング機能>Youtube検索

 

の順です。

 

このなかで本当の意味で集客に繋がっているのは
関連動画とYoutube検索です。

 

外部、チャンネルページ、再生リスト、ブラウジング機能は
それぞれ自分の媒体から再生された部分なので、
集客には直接関係ないので無視しましょう。

 

関連動画対策を最優先にやるべし

 

外部が一番多いのは、
僕は教材をYoutubeにアップロードしているからで、
この部分はあまり気にしなくて大丈夫です。

 

じゃあ、そう考えると、
集客に関連する最も大きな割合を占めるのが
「関連動画」
であるということ。

 

どのYoutube教材を見ても、
また自分のデータを見てみても、
関連動画からの再生が最も多いみたいです。

 

だから、データを見る限りでは
関連動画の攻略を重視するのが
Youtube集客の本質であるということになります。

 

Youtube検索も攻略するべし

 

その次に外部から流入があるのは
「Youtube検索」
の部分ですね。

 

Youtube検索は完全に外部からの流入で、
あまりユーザーの数は多くなくても
攻略するに越したことはありません。

 

むしろ、最初の段階では再生回数は稼げないので、
検索で勝つことができれば
効率よくYoutube集客を加速させることができます。

 

Youtubeのビデオランクという指標

 

じゃあ、Youtubeの関連動画に頻繁に出現するのと、
Youtube検索で上位に持っていくためには
いったい何が重要になってくるか?というと、

 

「Youtubeビデオランク」

 

という指標があります。

 

ビデオランクはGoogleの検索エンジンでいう
ページランクみたいなもので、
ようは「この動画は価値が高いのか?低いのか?」を表す
Youtube側のランク付けのようなものです。

 

基本的にビデオランクが高ければ
関連動画に表示がされやすくなり、
Youtube検索でも上位に入りやすくなり、
ビデオランクが高い動画の広告は単価が高いです。

 

数年前にGoogleがYoutubeを買収しましたので、
YoutubeにはGoogleが利用している
検索エンジンのシステムが入っています。

 

と考えると、価値の高い動画ほど
ビデオランクが上がるという分析をすることができます。

 

ビデオランクはどうやったら上がるのか?

 

ビデオランクの指標は公開されていませんが、
本質を見てみると「価値の高い動画」が
ビデオランクの高い動画だと言えます。

 

じゃあ、Youtubeでいう価値の高い動画は

 

・BadよりもGoodのほうが多い
・コメントが多く、賑わっている
・動画の中身がしっかりと見られている

 

というのがあります。
価値の高い動画は高評価がつくし、
コメントをしたくなる内容だし、
動画を飛ばさずに最後まで見ようと思うからです。

 

つまり、

 

・GoodとBadの比率
・コメントの量と質
・動画の滞在時間

 

がビデオランクにかなり影響していると言えます。

 

GoodとBadの比率を高める

 

まず、GoodとBadの比率を
Goodが多い形にしていきましょう。

 

少し前にヒカルという大物Youtuberが炎上をしましたが、
そのときはGoodの数がBadの数を超え、
結果としてYoutubeチャンネル全体の再生数が減りました。

 

つまり、これは何が言えるかっていうと、
できるだけ高評価を得られる動画を作ったほうが
より再生されやすくなるということです。

 

これはもう視聴者に判断を委ねるしかなくて、
そのために質の高い動画を作る以外にありません。

 

結局、質の高いコンテンツを作っていれば
勝手に影響力が高まっていくんです。

 

コメントの量と質を高める

 

次に、コメントの量と質を高めていくことです。

 

「炎上」ではない形で
コメントを賑やかにする必要があるんですけど、
これはYoutube動画のなかでお願いをすることで
コメントの数を増やすことができます。

 

僕は、Youtube動画のなかで
「アウトプットをすると成長する」
ということを繰り返し言っています。

 

実際アウトプットをすれば理解力が上がるのですが、
この言葉を言うことによって
Youtube動画を観た人が積極的にコメントをしてくれるようになります。

 

だから、動画が終了する直前や
あるいはYoutubeチャンネルに貼る動画のなかで
コメントをする(アウトプットをする)ことを促すことで、
Youtube動画自体のビデオランクが上がっていくようになります。

 

動画の滞在時間を伸ばす

 

動画の滞在時間は実はかなり影響していて、
人はつまらない動画だったらすぐにページを閉じるか
次の動画に飛び移ってしまいます。

 

だから、最後まで見られる工夫をする必要があるし
できれば飛ばさずに見てもらう必要があるんですね。

 

僕は、マインドマップと音声で撮影をしているので、
視覚情報で入ってくる内容はかなり薄いです。

 

だから、音声を飛ばしたら中身が入ってこないし、
飛ばすことで大事なところを聴き逃してしまうので
滞在時間はある程度獲得することができています。

 

これは動画の形態と大きくリンクしているので、
どんな形で動画を作っていくか?
をしっかりと考える必要がありますね。

 

結局、価値の高いコンテンツを投稿すればいい

 

こう考えると、最も重要な
GoodとBadの比率、
そして動画の滞在時間が
「コンテンツの質」
に依存することがわかります。

 

僕も最初はテクニックを追い求めて
いろんなことを試してみたんですけど、
結局はコンテンツの質を高めることが
なにより手っ取り早いことに気づきました。

 

テクニックを勉強するよりは、
本質である「コンテンツの質を高める」
ことに力を注いだほうが楽になってきます。

 

これからテクニックをいくつか解説していきますが、
本質をしっかりと押さえた上で読み進めてみてくださいね。

 

関連動画対策:そもそもYoutubeの目的は?

 

じゃあ、一番効果のある関連動画の対策をしていきましょう。

 

ぶっちゃけ、他人の関連動画に表示されれば
自分の動画もガンガン再生されるようになります。

 

と、その前に、Youtubeの本質を見ていきたいのですが、
TwitterでもブログでもYoutubeでもなんでもそうで、
なにかの媒体を攻略するときは
「運営者側の意図」
を読み取る必要があります。

 

僕もまずはそこから研究を始めるし、
それを知ることが最も効率よく
その媒体を極めることになるんです。

 

じゃあ、Youtubeを運営する側の狙いを
読み取っていきたいと思うんですけど、
まずYoutube側は
「できるだけYoutube内の動画を視聴してもらいたい」
と強く思っています。

 

なんでかっていうと、
Youtube動画を視聴してくれる人が増えれば
それだけ広告を出せる機会が増えるからです。

 

広告を出せるようになれば、
企業もたくさんお金を出してくれるようになって、
結果としてYoutube側も潤います。

 

つまり、Youtube内の動画を
グルグルと回転させてくれるような投稿者を
Youtubeは優遇するようになるんですね。

 

じゃあ、Youtube内の動画を
ぐるぐると回転させる動画って
一体どういうものか?っていうと、
「他人の動画をちゃんと紹介している動画」
です。

 

他人の動画を紹介している動画は
純粋にYoutubeに貢献をしているわけなので、
それだけ優遇されるようになります。

 

逆に、自分の動画だけみてもらいたいとか、
Youtube以外のURLに飛ばしすぎる投稿者は
Youtube側から嫌われる傾向にあります。

 

と、このように、媒体を利用して戦うときは
「運営者側の望む行動をする」
ことで非常に戦いやすくなってきます。

 

郷に入っては郷に従う、じゃないですけど、
審判に好かれる戦い方をするだけでも
得られる結果はかなり大きくなるのです。

 

関連動画に表示されたければ他人の動画を紹介しよう

 

すると、ここでノウハウが見えてきます。

 

関連動画に表示をされたければ、
他人の動画を紹介しまくることです。

 

どこで紹介するかっていうと、
動画の説明文やアノテーションのなかで
ガンガン紹介していくことが大切です。

 

他人の動画を紹介すれば、
あなたの動画を視聴した人は
その紹介された動画を視聴するようになります。

 

すると、紹介した動画とあなたの動画が
似ている動画だとしてYoutube側に認識されるのです。

 

 

ライバルの動画を紹介するのって
かなりしんどいことだと思うし、
自分のアクセスが流れていくのは心配だと思うのですが、
それでも紹介することをおすすめします。

 

ライバルの関連動画に自分の動画が表示されれば
そこからアクセスを取ってくることができるからです。

 

僕も、これすごく嫌なことだったんですけど、
紹介するようになってから再生回数が増えました。

 

ビジネスは先に価値を提供した人が勝つので、
ここでも本質が現れてるのかなーと思います。

 

どんな動画を紹介したほうが効率がいい?

 

このように、誰かの集客に乗っかって
自分も集客をする方法を
「パラサイトマーケティング」
と言います。

 

じゃあ、どんな動画にパラサイトするのが
最も効率がいいのかというと
「自分より25%先を行っている投稿者」
が一番効率がいいです。

 

例えば、僕がいきなりヒカキンやはじめしゃちょーみたいな
超大物Youtuberに貼り付こうと思っても
おそらく1mmも関連動画に乗ることはできません。

 

でも、同じくらいの実力を持った
チャンネル登録者数500〜1000くらいの
Youtube集客をやっている人に張り付けば、
関連動画から集客する可能性が上がります。

 

なんでかっていうと、Youtubeは
ビデオランクを元に動画を評価していて、
同じくらいの規模のYoutubeの投稿者は
ビデオランクが近い可能性が高いからです。

 

でも、かといって自分よりもショボい投稿者に
パラサイトをしたとしても効果は見込めません。

 

だからパラサイトをするときは、
自分より25%先を進んでいる人を狙ってみてくださいね。

 

関連キーワードやタグの設定

 

また、関連キーワードやタグの設定も
関連動画に乗る上ですごく大切です。

 

タグというのは、
「この動画はどんな動画か?」
を機械に知らせるためのデータです。

 

機械なので、たとえまったく関連のない動画でも
タグがすべて一緒であれば
似たような動画として認識されます。

 

Youtube動画のタグを知る方法は
メインブログのこの記事で解説しています。
Youtubeの再生回数を増やすタグの丸パクリの手法

 

関連動画に表示されたい動画があれば、
そのタグは丸パクリをして
自分の動画に貼るといいです。

 

それだけで関連動画に表示される確率が
少しだけ上昇をしていきます。

 

Youtube検索でアクセスアップ

 

また、Youtube検索を活用して
外部からアクセスを引っ張ってくることもできます。

 

Youtube検索をする人は比較的少ないのですが、
そのなかでも上位に表示されることができれば
新しくアクセスを集めることができます。

 

 

6分程度の動画ですが、
これだけで1ヶ月で57回再生されています。

 

 

これは本を読んでその本の感想を喋っただけです。

 

これだけでも完全に外部からの流入なので、
ある程度狙いを定めて適当に動画を作りまくるだけでも
アクセスの集まる資産を作ることができるでしょう。

 

Googleの検索エンジンに表示

 

また、Youtube検索対策をすることで
Googleの検索エンジンに乗ることができます。

 

 

普通にGoogleで検索をした人が
Youtube動画にアクセスしてくれるので、
検索エンジン対策はしておいて得しかありません。

 

Youtube検索対策の方法

 

じゃあ、Youtube検索はどのように対策をすればいいか?
という、キーワードを選定する必要があります。

 

キーワード選定は結論から言うと
「勝てるキーワードで戦う」
というだけです。

 

詳しくは僕のメインブログのほうで話しているので、
正しいキーワード選定をしようを参照してみてくださいね。

 

コラム:無難に集客できる動画コンテンツは?

 

これはちょっとノウハウになるんですけど、
最も無難で手堅くアクセスを集められるのは
「書評コンテンツ」です。

 

Googleは、検索エンジンの役割を
「疑問に答える」
システムにしようと考えているので、
読者の疑問に答えるコンテンツを
最も優先しようとします。

 

つまり、疑問に答える系のコンテンツが
高い確率で上位に表示されるんですね。

 

書評は、その要素を満たしているので、
GoogleでもYoutubeでも
検索エンジンの上位に表示されやすくなるのです。

 

しかも、本は毎月新しいものが出版されるので、
市場が飽和することはほとんどありません。

 

仮にベストセラーになる本を書評することができれば、
一気にアクセスを集めることだってできます。

 

もし「どんなコンテンツを作ればいいかわからない!」
というのであれば、
書評コンテンツを作ってみることをおすすめします。
(知識も身につくので一石二鳥ですしね)

 

Youtubeから外部のメディアへ集客するために

 

Youtube動画がある程度再生されるようになったら、
いよいよ自分のメディアに集客をしていきます。

 

外部のメディアに貼るときは、
動画の説明欄の部分に設定をしましょう。

 

 

動画の下に誘導したいURLを貼っておくと、
動画を再生した人が興味を持って開いてくれます。

 

この部分は最初に設定しておくと
自動的に挿入してくれるようになるので、
こちらの記事を参考にしながら設定してみてください。

 

Youtubeアップロード動画のデフォルト設定は”速攻で”すべし

 

Youtube集客まとめ

 

以上、Youtube集客法を書いてみました。

 

色々とノウハウはありますが、
Youtube集客は「やれることは全部やる」のが正解です。

 

ビデオランクをあげまくれば
次第に認知度が高まっていくので
とにかくビデオランクが上がる施策をしていきましょう。

 

そして、とにかく動画を投稿していくことが大切です。

 

Youtubeの利用者は9割が視聴者です。

 

つまり、動画を投稿する側にまわってるのは
10%もいないということです。

 

そのなかでもちゃんと動画を投稿して
ビデオランクを考えている人は
そのさらに10%という少なさです。

 

この記事を読むだけで
知識レベルでは上位1%に入っていますので、
まずは動画を作って投稿してみてください。

 

あとはひたすら作って作って作りまくれば
集客のひとつの柱が出来上がります。

 

Youtubeからも集客をして
ぜひビジネスを加速させていきましょう。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。